遠方まで送迎するということはどれだけ費用がかかるのか

小さい子供がいても働きやすい世の中に

昔に比べて子供を育てながら働く女性たちは増えてきていますが、決して働きやすい環境ではありません。
子供はよく熱を出すものですし、急なお休みも致し方ない所があることを本当に理解しているのは、同じように子供を育てている親しかいません。
しかしそうはいっても急に休まれるのは困るので、看護の資格を持っていても働けないという方達は少なくないのではないでしょうか。加えて、小さい子供を預けてまで働くのは子供が可哀そうという周囲の無言の圧力も相当なものであると思います。
「こんなに小さい子をよく保育園に預けられるわね」という、特に悪意もないでしょうが何気ないおばあちゃんの一言は、母親にとってはかなりきついものがあります。働き手が減っている以上、こうした偏見はなくしていくようにしてもらえると、誰でも働きやすい世の中になると思います。                                     

短時間勤務でも働きやすい環境づくり

医療現場に不足しているのは医師だけではありません。
看護師も圧倒的に人員不足の状態です。何故なら結婚して出産をすると、こういった不規則な勤務は難しくなるからです。退職していく看護師たちも数多くいらっしゃるのではないでしょうか。
短時間でも働けるような待遇はとられていると思いますが、他のスタッフが忙しくしているのを尻目に帰るのは気が引けます。それと同時に他のスタッフの視線が突き刺さるような気持ちになるのです。医師はもちろん、同じ看護師たちも内心面白くないような気持ちにさせられるのはなぜなのでしょうか。それは基本的に医師や看護師たちの休憩時間はあってないようなもので、超長時間労働だからです。このような長時間労働をなくし、皆が精神的にゆとりを持てるようになれば、短時間勤務でも負い目を感じることは少なくなり、短時間勤務の働き手が増えるのではないかと思います。

この記事をシェアする
TOPへ戻る